自転車事故に備える|保険相談を検討中なら口コミを利用すると便利
男女

保険相談を検討中なら口コミを利用すると便利

自転車事故に備える

駐車場

自転車保険の加入

自転車事故は自動車のように免許証や年齢制限が必要ないことから子供が加害者になることも少なくはありません。高額賠償の事故も多く、賠償できないという問題が発生していることから都道府県によっては自転車保険加入の義務化に踏み切りました。自転車保険加入は、自転車保険単独での加入、他の損害保険の特約で加入、TSマーク保険での加入の3つがあります。TSマーク保険は最小限の補償なので、自転車保険単独または特約での加入が一般的です。自転車保険は個人賠償責任補償といい、自転車事故に限らず、日常生活の中で発生しうるあらゆる損害賠償責任に対応します。また、一家に一つ契約しておけば家族全員に適用される補償範囲が広い保険です。

特約で加入する

自転車保険加入では他の損害保険の特約で加入すると単独加入よりも保険料が安くなります。例えば自動車保険、火災保険、傷害保険の特約として加入が可能となっており、商品名は個人損害賠償責任補償、個人賠償責任特約、日常生活賠償責任補償など保険会社によって言い回しは異なります。いずれも補償の範囲は同じです。自転車事故の過去最高賠償額は約9500万円だったことを踏まえると保険金は最低でも1億円、通常は無制限でかけておくのがいいでしょう。自転車保険加入として考えると見落としがちですが、重複契約になってしまうケースもあるので注意しましょう。重複契約をしている場合、保険金を合算できますが、支払われる保険金が倍になることはありません。